これでもかってくらい英語力ゼロで留学に行った話

 

どうもです僕です(・ω・)!

 

 

去年の今頃の話しなんですが

 

 

僕はアメリカのフロリダ州に居ました

 

 

語学留学で(・ω・)

 

 

響きはもの凄くカッコいいんですが

 

 

何をしに来たのってくらい英語力ゼロで。

 

 

5W1Hさえも分かりませんでした。

 

 

しかも初海外!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっ飛んでますね(・ω・)

 

 

 

今考えたら。(笑)

 

 

 

 

航路なんですが成田からアトランタに行き

 

 

 

アトランタ空港で入国審査をしたんですが

 

 

 

僕の英語の理解力の無さに

 

 

おじさんは困り果ててました。「一生サイトシーイング!」って言ってました。」w

 

 

最終的に「君はいくら持ってるの?」と聞かれ

 

 

盗られるのかな(;・∀・)?って思ったんですが

 

 

「10万円くらいです」って答えたら

 

 

ため息をつきながら入国させてくれました。「一生忘れません(笑)」

 

 

その後に乗り換えてフォートローダーデール空港に行かないと行けなかったので

 

 

しばし空港で待機。(・ω・)ハアー

 

 

 

 

ここからのフライトは日本人はほぼ居ませんでした

 

 

 

なんやかんやでフォートローダーデール空港に到着!

 

 

 

「タクシーの運転手さんなんですが

Tomさんのネームプレートを持った人が居るので探してくださいね」と

エージェントの人に言われてたので探すことに♪

 

 

 

 

 

”どんな人かな~(・ω・)?”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬チラッと手に何かを持っている人が居たんですが

 

 

 

その人はスルー(・ω・)

 

 

10分ほど探しました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人でした!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えると、マフィアの映画に出て来そうな

 

 

 

白髪交じりの長髪で後ろで縛っています

 

 

 

年齢は60歳くらい?

 

 

 

身長は180くらいで痩せています

 

 

 

顔は”ハリーポッターのドビー”みたいな顔でした。(笑)

 

f:id:master-peace-4848:20161029220940j:plain

 

なんともインパクトのあるおじさんでした

 

 

 

明らかに、僕の名前を書いているネームプレートを持っているんですが

 

 

 

心の中で”この人じゃない!!”って言い聞かせてました。

 

 

 

結果は変わらず(笑)

 

 

 

「は、ハーイ、アイム。トム!」

 

 

 

 

 

 

「オー!リアリー!?マイフレンドー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

出会って2秒でフレンド登録されました(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

おじさん「カモン♪マイフレンドー♪(∩´∀`)∩」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われるがままにオジサンに付いていきました(;´・ω・)

 

 

 

 

駐車場に行く途中

 

 

 

 

”本当に大丈夫なのか。拉致とかされないだろうか。とかいらない事

ずっと考えてました。(笑)

 

 

 

 

長旅の疲れで”どうなってもいいや”とも思ってました(笑)

 

 

 

 

そして車に乗り契約しているレジデンスまでオジサンと二人(・ω・)。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「タバコ吸って良いですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさん「勿論だ!マイフレンドー!」(∩´∀`)∩

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなハイテンションの人がこの世に存在するなんて。時刻23時過ぎ。(笑)

 

 

 

 

 

 

僕「おじさんも吸うんだったら日本のタバコ1箱あげるけど。」

 

 

 

 

 

 

おじさん「本当かいマイフレンド――!?」(∩´∀`)∩

 

 

 

 

いちいち疲れましたがそれも良しとしてレジデンスに到着!

 

 

 

 

おじさん「いい旅をなマイフレンド―!!」(∩´∀`)∩

 

 

 

僕「あ、ありがとうございます」

 

 

 

外で待っていたレジデンスの寮長と合流~

 

 

 

寮長「君がTomか!宜しく!!」

 

 

 

僕「はい!宜しくお願いします」疲

ここまでは聞き取れたんですが後は何言ってるか分かりません。(笑)

 

 

 

寮長「君の部屋を案内するよ!」

 

 

 

シングルルームは高くて契約できなかったんでルームメイトが居る部屋にしました!

 

 

 

寮長「この部屋だよ♪」

 

 

 

中にはスキンヘッドでゴリゴリの男の子がくつろいでました(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤ―――――――w泣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一難去ってまた一難とは正にこの事、

 

 

 

 

 

 

”これから2か月間こいつの隣で寝ないといけないのか。危なすぎる”うぅ

 

 

 

 

 

寮長「みんなに紹介するよ!」

 

 

 

そう言われプールサイドへ。

 

 

 

寮長「日本人のTomだ!みんな仲良くな!」

 

 

 

見渡す限りみんな外国人(;´・ω・)

 

 

 

母国語を聞いていないと人ってこんなに不安になるものなんですね(・ω・)(笑)

 

 

 

女の子「何歳なんですかー?」

 

 

 

日本語!!!Σ(゚Д゚)ビクッ(笑)

 

 

 

僕「23です!」

 

 

 

女の子「23かあー、お兄さんやー!」

 

 

 

”助かった、日本人が居て。。”(笑)

 

 

 

ここから僕の粘着が始まります(・ω・)(笑)

 

 

2章に続きます!

 

僕みたいに苦労したくない方はクリック(・ω・)(笑)