これでもかってくらい英語力ゼロで留学に行った話 2章


スポンサーリンク

 

ヒャ――――!僕です(・ω・)♪

 

 

友達に誕生日を祝ってもらっていてこんな時間の更新になります、すみません( ゚Д゚)

 

 

昨日の続きを書こうかなって思います

 

 

とりあえず寮に着いたその日は記憶がございません♪w

 

 

シャワーを浴びてからゴリゴリの男の子の横のベットで寝ました。

 

 

次の日が月曜日だったので早速学校になります

 

 

朝、目が覚めると横のゴリ男はすでに準備していました((・ω・)ササッ

 

 

 

 

どうも寮長に”学校への行き方を教えてやってくれ!”って言われていたらしく

 

 

スキンヘッドが光る中、起こしてくれました(・ω・)

 

 

学校へはバスで向かいます

 

 

そこまで一緒に付いて行き一緒にバスに乗ったんですが

 

 

払い方が分からない。(笑)

 

 

ゴリ男は優しく丁寧に教えてくれました(・ω・)サンクス

 

 

2$を払いバスに揺られながらいよいよ学校に到着です!

 

 

ゴリ男「ここが学校だよ!」

 

 

僕「サンクス(;´・ω・)」

 

 

そう言われてもどこで何をしたらいいのか分かりません。

 

 

入り口でタジタジしていると、、

 

 

先生らしき人が近寄ってきました(∩´∀`)∩ハーイ

 

 

先生「あなた新入生?カウンターで受付をしてね」

 

 

僕「何を言っているんだこの人」

 

 

そうなんです!聞き取れないんです!!w

 

 

とりあえず指差す方にカウンターがあったので適当に済まし

 

 

胸にヘンなシールを貼られフロアで待っていました(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

先生「新入生はこっちよー!」

 

 

 

僕「何か言ってるなー(・ω・)」

 

 

 

その時、周りを見渡すと僕と同様にシールを貼られた人たちが続々と教室に入っているではないですか!!( ゚Д゚)コレやっ!!

 

 

 

半信半疑で教室に行くと、自己紹介が始まります(・ω・)アッテタ!

 

 

 

みんな英語が上手すぎて僕のはお話にならないレベル。(笑)

 

 

 

正直、「留学に来る意味あるのか?」って思うくらい上手い生徒さんも居ました。

 

 

 

自己紹介を済ませ、お次はクラス分けの適性テストです

 

 

 

PCルームに移動し、全てPCでテストなんですが

 

 

 

画面上は全て英語。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わっかんね(・ω・)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全て適当に回答しました。

 

 

 

 

 

 

その時思ったんです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰ろうと!!w

 

 

 

 

自分には早すぎる。

 

 

 

せめてもう少し勉強してからでないと。

 

 

 

生きていけないだろうと。

 

 

 

 

 

テストが終わり、お昼から新入生のレクレーションだったんですが

 

 

 

 

サボりました(・ω・)w

 

 

 

 

先生に渾身の嘘をついて。

 

 

 

テストが終わってからすぐスマホトランスレーターで

 

 

 

「お腹が痛いから帰りたい」って言う英語を検索し

 

 

 

先生に伝えました(・ω・)w

 

 

 

 

 

 

先生「大丈夫?問題ないわ!」

 

 

 

「オナカイタイ、オナカイタイ(;・∀・)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく会話になっていなかったでしょう!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうして新入生はレクリエーションに出かけ、僕は独りぼっちです。

 

 

 

 

ゴリ男も昼から授業があるので一人で帰らないといけません

 

 

 

とりあえず一旦落ち着こうと

外でバスの時間と飛行機の時間調べてました(・ω・)(笑)カエルカエルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「ウェアカムフロム?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「あ、アイムジャパニーズ(;´・ω・)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「えー、日本人なんだー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母国語キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「みんなレクレーション行ったよ?行かないの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「イヤ、色々あって、、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「そおなんだ!今から先輩とランチ行くけど行く(*‘∀‘)?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「イキま―――――――ス(∩´∀`)∩」w

 

 

 

 

 

 

 

 川のほとりにあるレストランでした!

 

 f:id:master-peace-4848:20161031024612j:plain

 

 

そこに居たのはみんな日本人の方々でした(・ω・)

 

 

 

あんなに日本人でテンション上がったのは生まれて初めてです

 

 

 

これから先、絶対にそうなる事は無いでしょう(笑)

 

 

 

3章に続きます(・ω・)ビュ~ン

 

 

 

僕みたいになりたくない人はクリック(・ω・)(笑)