友達が一撃でバイクを廃車にした話

 

 

毎度どうも(・ω・)

 

 

 

今から約5~6年前の話しなんですが

 

 

 

高校の時からバイクにハマっていて毎日の様に走りに行ってました♪

 

 

 

400ccのバイクにずっと乗っていたんですが

 

 

 

免許を持っている友達はみんな族車ばかり。

 

 

 

僕は昔っから暴走族の様な走り方が嫌いだったので

 

 

 

ずっと山を走ってました(・ω・)

 

 

 

高校も卒業し、周りの友達が免許を取りバイクに目覚めるさなか

 

 

 

練習がてら一緒に色んな所に走りに行ってました(∩´∀`)∩

 

 

 

ホームのコースは地元にあるんですが

 

 

 

そこを友達と毎晩の様に練習していました

 

 

 

昔の世代の人達は理解があると思うんですが

 

 

 

「膝すり」や「ニーグリップ」「ハングオンなどの練習をしてて

 

 

 

どちらかといえば高速でコーナーを曲がっていく「走り屋」みたいなタイプでした。

 

 

 

友達も自分のバイクを買って1年ぐらいしたある日の夜

 

 

 

電話が掛かってきました!

 

 

 

友達「走りに行こーー!」

 

 

 

二つ返事で快諾(・ω・)

 

 

 

ローソンに集合し、山に向けて走りました(・ω・)ブーーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合流地点に到着し、二人で缶コーヒーを飲みながらくだらない話しをしていました

 

 

 

「そろそろ帰るか!(・ω・)」

 

 

 

バイクに跨りいつもの様に二人でレース開始です( ゚Д゚)

 

 

 

来るときは登りだったので帰りは下りになります

 

 

 

勿論僕が先頭を走ってました(・ω・)(笑)

 

 

 

バイクのミラー越しに友達のヘッドライトを伺います(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消えました(笑)(・ω・)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達は華麗に吹き飛んでいきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急いでUターンしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達「腰イタ―」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

120キロくらいで曲がり切れずに反対車線の縁石に乗り上げ

 

 

 

その勢いでバイクもろとも吹き飛んで行ったらしいです。

 

 

 

体重90キロの成人男性が20メートル以上転がって行き

 

 

 

その上をバイクがさらに20メートル飛んで行ったらしいです

 

 

 

彼曰く、「あっ!死んだっ!(・ω・)」って思ったらしいです

 

 

 

生きててよかった。「柔道してたので助かったのかも。w」

 

 

 

当の本人は両肘・両ひざのかすり傷だけで「走馬燈見たって言ってました」

 

 

 

それ以外は何もなかったんですから驚きです。

 

 

 

バイクは一瞬で鉄くずになりましたが命あって良かったです

 

 

 

それから彼はバイクがトラウマになっていて60キロ以上は出さなくなりました(・ω・)ええこっちゃ

 

 

 

みなさんも事故だけには気を付けて下さい(・ω・)