200万つぎ込んだ車を一夜にして廃車にしたお話


スポンサーリンク

 

 

まいど(・ω・)bボクでーす!

 

 

 

5~6年前の話しなんですが

 

 

 

僕はドリフトと言う遊びをしていました( ゚Д゚)

ドリフトとは:ドリフト走行とは、コーナーリング中にタイヤが滑っている状態を積極的にコントロールして車を操る走行技術のことであり、ステアリングのみに頼らず、アクセルとブレーキの積極的な使用によりスライド状態を維持したまま進行方向を調整する複合的な操作が求められる。「ドリフト」とは英単語の"drift"(漂う)を語源としている。

 

 

昔っから車も好きでした、危ない・ヒヤヒヤするような事が大好きで

 

 

 

始めました((・ω・)

 

 

 

1台目の車は正直ボロかったんですが

 

 

 

ぶつけては直し・壊れては直しの繰り返しで形は有り

 

 

 

最後は知り合いに譲歩しました(・ω・)

 

 

 

問題は次の車なんですが。。

 

 

 

気合を入れて全塗装をして、セッティングもばっちり♪

 

 

 

悪い所は全て直し完璧な状態で乗り始めました(・ω・)

 

 

 

その頃には自分に自信が有り、天狗になってたんだと思います。

 

 

 

しかし、自分の思いとは相反して壊れまくる車。(笑)

 

 

 

社外タービンが壊れ・クラッチが滑り・ミッションが壊れ・エンジンが飛び。。(;´・ω・)

 

 

 

僕の当時の彼女「車」はとてもお金が掛かる奴でした(・ω・)♪

 

 

 

そして作ってから半年経ったある日の晩。。

 

 

 

後輩を連れ意気揚々と乗り込んだホームコース「山」

 

 

 

ずっとやっている技にも飽き飽きしていました。

 

 

 

「新しい技に挑戦してみよう!!(・ω・)天狗」

 

 

 

後輩を乗せ何回かトライしたんですが普通に出来る(・ω・)さらに天狗

 

 

 

「降りて外で観てて!」

 

 

 

後輩を降ろし、1人で挑戦!

 

 

 

一発目~(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功(・ω・)イケるイケる♪「もはやピノキオ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?何かギアの入りが悪いな~。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドーーーーーーーンっっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわわあああああああああああああああ。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事故りました(・ω・)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60キロ・ノーブレーキでガードレールにかち込みました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、シフトの方を見ていたので1つも耐える準備をしておらず

 

 

 

そのまま突っ込みました♪

 

 

 

その衝撃のままハンドルで鼻と歯を思いっきり打ち付けました。。

 

 

 

「イタ―――――。」

 

 

 

 

 

 

 

鼻の奥から感じる何か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チョロッ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最悪だ。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻水でした(・ω・)爆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩は狂ったように叫びながら走ってきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だああーーーーーいじょうーーーぶーーですーーーかーーあああああ!!?」

 

 

 

 

 

とりあえず外に出ようと運転席のドアを開けようとしたんですが

 

 

 

開かない。

 

 

 

車のドアが開かない事なんてあるのか。。(笑)

 

 

 

助手席に移動してなんとか脱出し、車を見てみました(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見るも無残な変わり果てた御姿。( ;∀;)イヤああああ

 

 

 

 

 

 

 

そのまま車屋さんを呼び、積載車で積んで帰ってもらいました。

 

 

 

 

次の日、車屋さんに行きどうしても治せないのか?

 

 

 

と説得しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コレ治すんだったら新しいの作った方が安いよ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めました(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半年と言う短命な期間だったけど思い出をありがとう!!(笑)

 

 

 

 

 

 

そしてビックリするのが鼻水以外はケガなし!と言う奇跡(・ω・)無敵w

 

 

 

 

車が守ってくれたみたいです。  

 

 

 

みなさんも車の運転には気を付けて下さい!!(笑)