『高齢者の運転事情』

 

 

 

どーもー(・ω・)ボクでーす

 

 

 

 

最近ニュースを良く賑わせていますが

 

 

 

 

「高齢者の運転事情」について書きます!

 

 

 

 

 

日本では70歳を越えると”もみじマーク”と言われるステッカーを張ってないと

 

 

 

 

罰金や罰則を課せられます。

 

 

 

 

もみじマークとは何ぞや(・ω・)?

 

 

 

 

簡単に説明すると!

 

 

 

 

高齢運転者標識と言われ加齢に伴って身体の機能の低下が生じている高齢運転者の証明』

 

 

 

 

という事です( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

対象者は日本国民全員に言えますね!

 

 

 

 

 

さて、今日の本題なのですが

 

 

 

 

 

高齢者の事故が多発しています

 

 

 

 

 

それも健常者からしたら考えられない理由で

 

 

 

 

あるニュースでは高齢者の方が家の忘れ物を思い出し

 

 

 

 

高速道路を逆走、、「逆走と言っても転回ではなく走っていた道路を旋回し逆走」

 

 

 

 

30代男性が運転していた車と正面衝突し、2人とも還らぬ人に

 

 

 

 

あるニュースでは80代男性がアクセルとブレーキを踏み間違え

 

 

 

 

正面のコンビニエンスストアのガラスを破壊、、幸いにもけが人なし

 

 

 

 

最近のニュースでは

 

 

 

 

80代女性が運転していた車が歩道に突っ込み

 

 

 

 

未来ある30代の男女が亡くなりました

 

 

 

 

こういった事件が多々あります

 

 

 

 

高齢者身内の方の意見としては「免許を無理やり取り上げるのは可哀想だ。」

 

 

 

 

とのアンケート結果が多く出ているみたいなんですが

 

 

 

 

実際、自分の身内がこのような悲惨な事故を起こしてしまったらどうでしょう?

 

 

 

 

僕は、まだ免許を取り立てのドライバーの方がまだ安全だと思います。

 

 

 

 

いい意味で気を張って運転しますし、多少のミスにも対処できる瞬発力があるからです

 

 

 

 

みんながみんな”70歳以上の方々に免許を返納しろ!”とは言いませんが

 

 

 

 

痴呆症や身体の衰えを感じる前に免許証を返納していただきたいです。

 

 

 

 

身内の方々にもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

どんなに車の運転が得意で、自信がある人でも

 

 

 

 

高速道路を正面から逆走してくる車は避けようがないです。

 

 

 

 

「アクセルとブレーキを踏み間違えて関係ない人を殺してしまった」では話しになりませんから。

 

 

 

 

ではまた書きます(・ω・)